瑞宝園職員のブログ

瑞宝園エコプロジェクト-米ぬか農法-

米ぬかにはたくさん効用があって、使用方法もたくさんあります。
タケノコのあく抜きやぬか床に使って間接的に食用になっていますが、米ぬかを煎って食べると栄養満点だそうです。きな粉のようになるんでしょうか。なんと玄米の95%の栄養が米ぬかにあるそうです。
美容にもいいですよね。古くから米ぬか石けんとして使われてきました。
布袋に入れて湯船に浸せば入浴剤になります。これで体をなでなですれば保湿効果抜群です。
掃除にも使えます。布袋に入れて、床や柱を磨けば米ぬかに含まれているオリザオイルのおかげでつやが出るだけでなく表面の保護にもなります。
お風呂で使った残りは、袋から出してぽいっと撒けば、ホコリをからめてくれて、お掃除も楽々です。
瑞宝園では、米ぬかを肥料に使っています。-たい肥づくり-でご紹介したとおり、枯れ葉や土と混ぜてたい肥にしたり、直接土に混ぜ込んで土壌改良材に使用しています。
また、米のとぎ汁と牛乳で液体肥料も作っています。

米のとぎ汁8に対して無脂肪牛乳2を合わせます。無脂肪牛乳が手に入りにくいので、低脂肪牛乳を使っています。
d0212993_16115969.jpg

米のとぎ汁8と無脂肪牛乳(または低脂肪牛乳)2を混ぜたものをペットボトルなどフタがきっちり閉まる容器に入れ、室温より少し暖かい所に置いておきます。冷蔵庫の横などがよいでしょう。
d0212993_16175657.jpg

2~3日すると発酵してヨーグルトのような匂いがしてきます。ガスも発生して容器がふくらむこともあります。だから、フタがきっちり閉まる容器が必要なんです。
ダマができるので、容器を振って中身を撹拌します。このときにガスが発生することがあるので気を付けてください。これを2~3回繰り返すとなめらかな液体肥料ができあがります。
d0212993_16204436.jpg


瑞宝園では、この液体肥料を100倍(10リットルに対して肥料100CC)に薄めて、野菜や花に撒いています。米ぬか効果できれいな花が咲き、大きな実が実りますよ。

皆さんも試してみてください。
[PR]



by zuihouen | 2017-07-28 16:47 | Comments(0)

有馬温泉にある公共の宿
by zuihouen
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

最新のコメント

ホームページにメールでき..
by シロマ アケミ at 14:11

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧